『Mステ』に新人・並木万里菜アナがデビュー。今振り返る“若手で大抜擢された女子アナ”伝説

 今年10月19日の放送より、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の10代目サブMCに就任した並木万里菜アナウンサー。同番組の長い歴史のなかでも、入社1年に満たない新人アナが司会に登用されるのは異例のことで、テレ […]

世界10か国の風俗サービス事情 1回1万5000円で大満足できる国は?

妻の目を盗んで風俗通いに充てられるのは、小遣いの半分の月額1万5000円。これまで世界50か国以上で潜入取材を行った海外風俗ライターのJOJO氏は、「今回の10か国であれば、どの国でも遊ぶことができる」と話す。「ただし、一発単価の高いアメリカの場合、抱けるのは立ちんぼくらい。サービスはほとんど期待できず、女のコのレベルが低い割に値段が高い。10か国中では間違いなくワーストの評価です」

年収260万円で子供2人の家計は破綻寸前。専業主婦の妻がパートに出てくれれば…

「どれだけ逼迫しているか妻に話してもピンときてないようで……」 そう大きなため息をつくのは都内のデザイン事務所に勤める鈴木涼一さん(仮名・43歳)。「20代は年収100万円台の年もあり、結婚するとか誰かを養うとか考えたこともありませんでした。全然モテませんので、このままずっと独身で生きていくもんだと思っていましたね」